贈答品に関してのデパートの包み

内祝いやお中元、お歳暮など、普段使いではなく人様に失礼のないようにしたい物品を購入する際、個人的に気にしているのは包装紙です。それは、ある意味、有名なデパートで、それ相当の価格がしたものを選んでいますよ、という証明のようなものだといえます。また、どんな包装が施してあるのかで、中身をみなくとも価値がだいたい決まるといっても過言ではないでしょう。とかく外見や体裁の細部まできを配る日本的な感覚かもしれませんが、送られる側としても、デパートのきちんとした包装で頂くと気持ちもパリッと引き締まるものです。あまり気にしすぎてもよくありませんが、こだわりは持ちたいなと思います。

おもてなしの心と包み

有名なデパートの包みはやはり有名で、袋を見るだけでどこのものか、分かります。最近では過剰包装を控える風潮が強くなってはいますが、そうはいっても外国などにひとたび旅行でもすれば、日本の商品の包装がいかにきちんとしてそして丁寧か、すぐに分かることでしょう。それは、買ってくれたお客様への感謝と敬意の表れとも感じることがあります。お客様の大切な商品を大切に扱うというマナーが、日本の場合根底に根強くあるのです。おもてなしの国、と日本はよく言われますが、それはデパートの包装一つとっても、よく表現されています。

包装紙のもてなし情報

以前の情報一覧